Icon TEL県外の方

Icon TEL電話する

medical Treatment

  • ホーム  >  
  • 予防歯科の重要性

medical Treatment

お口の2大トラブルの虫歯と歯周病は、日本人に広く蔓延しています。それは、ごく初期段階においては自覚症状がほとんどないので、気づいたときにはかなり進行してしまっていることが理由の一つに挙げられるでしょう。そしてどちらのトラブルもいったん発症すると再発しやすい病気です。そのため、口腔ケアが不十分だと再発と再治療をくり返し、歯や歯ぐきへのダメージが蓄積され、やがては歯を失うことにつながってしまいます。

そうならないように、兵庫県三田市の歯医者「井殿歯科医院」では、予防に注力しています。

定期検診を通した歯や歯ぐきの
トラブルの予防の重要性

永久歯は親知らずを除いて、合計で28本です。年齢を重ねても、そのうちの20本以上の歯を残すことができれば咀嚼などの基本的なお口の機能は保たれやすいといわれています。天然歯に勝る人工歯はありませんので、大切なのは、ご自分の歯を残すことです。そのためには、積極的に歯や歯ぐきの健康を守り、お口のトラブル予防のための口腔ケアを行うことが求められます。

自分の歯を残すためには

自分の歯を残すためには

歯の健康を損なうトラブルの虫歯も歯周病も発症と進行のメカニズムがわかっているので、未然に防ぐためのポイントもわかっています。その基本が、毎日のブラッシングで歯や歯ぐきに付着する汚れをきれいに落とすことですが、それだけではお口のトラブルを防げないのが現状です。それは、お口のすみずみまですっかりきれいにするのは簡単ではなく、汚れが残っている部分から虫歯や歯周病が発症するリスクを負うからです。

自分の歯を守ることが大切な理由

自分の歯を守ることが大切な理由

「年齢を重ねると歯を失う」と思っていませんか?そうではありません。歯を失うのは、虫歯や歯周病などのお口のトラブルと外傷によることがほとんどです。そのため、お口のケアをしっかり行っていれば、年齢を重ねてもずっとご自分の歯で、何でもおいしく食べらます。そして口元を気にせず、会話をしたり笑顔になったりできると心身の健康にもつながります。歯を失ったり、削ったりせずに過ごすことは、一生涯、生活の質を高く保つことにもつながるといえるのです。

歯を失う悪循環に陥らないで

歯を失う悪循環に陥らないで

健康な歯に小さな虫歯ができたとします。虫歯の進行を止めるためには汚染部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を埋めなければなりません。虫歯にかかるのには原因がありますが、その原因を取り除かずに、口腔ケアも熱心に行わないと、やがて虫歯が再発するのは必然です。

そしてまた汚染部分を削り、詰め物(インレー)を装着します。それでも口腔ケアを怠ると、さらに虫歯が再発し、健康な歯質がさらに小さくなります。再治療を行ってもさらに再発し、歯の神経を除去して被せ物(クラウン)で補わなければならなくなるのです。さらに悪化すれば、抜歯を余儀なくされるのです。

定期検診をおすすめする理由
虫歯や歯周病のリスクを抑える
定期的に歯科のプロフェショナルによるチェックや口腔ケアを受けていれば、虫歯や歯周病のリスクを低く抑えられます。すでに発症していたとしても早期発見・早期治療につなげられるのです。
健康維持につながる
お口の健康のためには、できるだけ歯や歯ぐきへのダメージを減らすことが基本です。対処療法の治療とは異なり、予防のためのケアはダメージを与えません。そしてお口の健康は全身の健康にもつながります。
歯や歯ぐきの健康美を維持できる
定期的な口腔ケアで歯の汚れをきれいに落とせば、健康的な歯や歯ぐきを維持できます。歯への色素沈着も防げるので、口元を自然できれいなまま保つことができるのです。
病気や治療の痛みを回避できる
未然に虫歯や歯周病などの発症を防げば、「痛む」「しみる」「腫れる」「におう」などの不具合を回避できます。また治療にともなう痛みや違和感もありません。
治療の負担を減らせる
お口のトラブルを未然に防げば、治療を受けずに済みます。治療のための通院もなく、治療費もかからず、治療の苦痛を味わうこともありません。
健康寿命を延ばすことにつながる
虫歯や歯周病は歯を失うだけでなく、さまざまな全身疾患とも関連します。糖尿病や心血管疾患、早産や誤嚥性肺炎などのリスクを低く抑えます。またしっかり咬めると認知症のリスクを抑えるともいわれているのです。

ick Up

歯と認知症には関係性があることが確認されました

認知症とは、さまざまな原因で脳の細胞が壊れたり、減ったりして、はたらきが悪くなり、記憶力や判断力が低下して日常生活に支障がでてくる状態です。認知症は、まだ病名が決まっていない「症候群」ですが、東北大学の行った研究によると、高齢者の歯の残存数と認知症との関連性がみられます。

研究報告によると、健康な人と認知症の疑いがある人の残存歯数の平均は、それぞれ14.9本と9.4本と、大きな差があったのです。また、記憶力や学習能力に関連する「海馬」や思考や意志を司る「前頭葉」の容積が少ない傾向があるのは、残っている歯が少ない人でした。

歯があると、食べ物をしっかり咬めるので、お口まわりの筋肉が刺激されるとともに脳への刺激にもつながり、血流量も増えます。そのため、脳のはたらきに影響すると考えられるのです。

心身の健康のためにも定期検診を活用してお口の健康を保ちませんか?

ick Up

保険診療にも自費診療にも対応します

歯科診療には「保険診療」と「自費診療」があります。大きな違いは、健康保険が適用するかどうかで、適用すれば、治療費は一部負担でいいので大幅に抑えられますが、治療内容が制限され、使用する素材や治療方法が限定されます。

一方、自費診療には選択肢があります。治療費用は患者さんの全額負担ですが、検査方法や治療方法、使用できる器具や素材の選択肢が広がるうえ、治療にかけられる時間も長いといえますので、より精度の高い治療が可能です。

大切なのは、それぞれの治療のメリット・デメリットを知って、患者さんに合う方法を選択することです。気になることは何でもお気軽にご相談ください。

それぞれの治療のメリット・デメリット
【自費診療のメリット】 【保険診療のメリット】
  • 使用素材や治療法に選択肢がある
  • 見た目や機能にこだわることができる
【保険診療のメリット】
  • 治療費を安く抑えられる
【自費診療のデメリット】 【保険診療のデメリット】
  • 治療費を全額負担しなければならない
【保険診療のデメリット】
  • 見た目にあまりこだわることができない
  • 治療法に制限がある
医療費控除について(自費診療・保険治療共通のメリット)

医療費控除とは、家計をひとつにする家族が、1年間に10万円(または、その年の所得金額の合計額が200万円未満の人は所得額の5%の金額)を超える医療費を支払った場合、確定申告によって一定の税金が戻ってくる制度で、歯科治療も医療控除の対象です。

実際の還付金額(税務署から還付される金額)は総所得で区分される所得税率により異なりますので、詳しくは、税務署や最寄りの役所の税金相談課にお問い合わせください。

トップに戻る