WEB 診療予約

Doctor

  • ホーム  >  
  • 院長紹介・スタッフ紹介・院内紹介

Doctor

兵庫県三田市の「井殿歯科医院」は、歯科全般に幅広く対応する通いやすい、地域密着型の歯医者です。治療のためのスペースと予防のためのスペースを分けて、どちらにも力を入れて、患者さんのお口の健康を長い目で見ながらサポートします。インフォームドコンセントを大切に、患者さんに寄り添う診療をご提供する、当院の院長やスタッフをご紹介します。院内設備もご覧ください。

院長紹介

井殿泰造(たいぞう) 氏名 井殿泰造(たいぞう)
趣味 ゴルフ、スキー、スノーボード、音楽、バイク
経歴  1986年  朝日大学歯学部 卒業
1990年 兵庫県三田市にて開院
1993年 JIADSペリオ補綴コース受講
2009年 PIOペリオレベリングコース受講
2010年3月 ニューヨーク市立大学(NYC)
インプラントコース受講
2010年11月 日本インプラント学会中部支部 発表
他院でのインプラントリカバリー
2011年 SJCDマスターコース再受講
「ごあいさつ」

「患者さんの歯を一生診ていく」のが当院のコンセプトです。それは、「病気を治して終わり」ではなく、「ずっとお口の健康守る」ことこそ大切だからです。虫歯や歯周病はもちろん、咬み合わせなどを含めお口全体を考えて、口腔内の問題を総合的な解決策をご提案します。そして定期検診を通して健康につなげています。

診療は、患者さんのお話にじっくりと耳を傾けることからはじまります。丁寧なカウンセリングを心がけ、お悩みやご要望を伺い、お口の状態をお伝えし、治療の選択肢をご説明します。そして患者さんにご納得いただいた治療を進めます。

治療後は、毎日のセルフケアをお続けください。そして患者さんの診療データにもとづき次回の検診日をご提案しますので、積極的にご来院いただけると幸いです。

所属団体
  • 日本歯科医師会(JDA)
  • AAP(アメリカ歯周病学会)
  • ADI(国際歯科生涯研修学会)
  • 日本歯科保存学会
  • 日本臨床歯周病学会
  • 日本顎咬合学会(認定医)
  • 日本歯科審美学会
  •  
  • 中部インプラントアカデミー(CIA)理事
  • 兵庫インプラント研究会理事
  • 日本口腔インプラント学会(専門医)
  • 光機能バイオマテリアル研究会
  • 歯学博士
  • 日本歯科医学会
  • 日本顕微鏡歯科学会
  • 日本臨床歯科CADCAM学会
  •  
  •  
  • JIADS club会員
  • 東京SJCD会員
  • 日本歯科医師会(JDA)(井殿由紀)
  • 日本小児歯科学会(井殿由紀)
  • 歯列育形成研究会(井殿由紀)
  • 日本歯科医学会(井殿由紀)
日本口腔インプラント学会とは

日本口腔インプラント学会に認定証を交付されたドクターにのみ与えられる称号です。当院では当学会の専門医の認証を受けている医師がインプラント治療を行います。安心してご相談ください。

副院長紹介

井殿泰鳳(たいほう) 氏名 井殿泰鳳(たいほう)
趣味 ゴルフ、野球、スキー、スノボー、サッカー、ゲーム
経歴 2010年 朝日大学歯学部入学
2016年 朝日大学歯学部卒業
2016年 朝日大学病院臨床研修医
2017年 朝日大学口腔機能修復講座歯冠修復学大学院入局
2021年 朝日大学口腔機能修復講座歯冠修復学大学院卒業
2021年 口腔機能修復講座歯冠修復学ポストドクター
2021年 インプラントアカデミー100時間コース受講
2022年 口腔機能修復講座歯冠修復学非常勤講師
2022年 JIADSペリオコース受講
ごあいさつ

「ここで治療してよかった」とすべての患者さんに思っていただけるように「おもてなし」の心を忘れずに、ご満足いただける治療をご提供するために日々精進しています。より安心して、より快適に診療を受けていただけるようにスタッフ一同、さまざまな工夫をいたします。

とくに私は、歯科治療において欠かせない「接着」について時間を割いて学びました。歯をもとの形に戻すためにレジン(歯科用プラスチック)を使うとき、詰め物や被せ物を装着するとき、ラミネートベニアを貼るとき、矯正装置を固定するときなど、多岐にわたる接着の技術をいかして診療します。

お口まわりのお悩みをお気軽にご相談ください。

所属団体
  • 日本歯科保存学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本接着歯学会
  • 日本歯科医学教育学会
  • 歯科基礎医学会
  • 臨床歯周病学会
  •  
  • 中部インプラントアカデミーメンバー
  • 東京SJCD会員
  • JIADS club会員(2022/3から)

院内紹介

予防室・治療室

予防室・治療室

虫歯や歯周病などの病気を治す「治療」と口腔ケアが中心の「予防」は処置が異なります。そのため当院ではそれぞれの部屋を分けて、専門スタッフが担当します。

治療室の受付・待合室

治療室の受付・待合室

治療のための受付と待合室です。明るい雰囲気の内装で、リラックスしていただけるように心がけています。

治療室内

治療室内

ゆったりとしたスペースですので圧迫感がありません。のびのびとおだやかに治療を受けていただけます。プライバシーに配慮した診療ユニットはパーテーションで仕切っていますので、まわりの視線が気になりません。

個室診療室

個室診療室

インプラント手術の際などに使用する、オペ(手術)専用の診療室です。院内全体の衛生管理を徹底していますが、オペ室はとくに衛生管理をしやすいように個室としています。

予防室の受付・待合室

予防室の受付・待合室

予防処置のための受付と待合室です。気になることは何でもお声がけください。少しの間、こちらでおくつろぎください。

予防室内

予防室内

定期検診の際の口腔内チェックや口腔ケアは担当の歯科衛生士が行います。口腔ケアのパートナーとしてさまざまな予防処置やメンテナンスをご提供し、セルフケアのアドバイスも行います。

設備紹介

診療ユニット マイクロスコープ

診療ユニット

それぞれのユニットにモニターが設置されていますので、お口の中の状態をご覧いただきながら丁寧にわかりやすくご説明します。レントゲン写真もご覧いただけます。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

肉眼ではほとんど見えない患部を明るく照らし、さらに拡大して確認できます。そして、根管治療などの精密さが要求される治療の精度を高めています。
セラミック治療で段差ができないようにマイクロスコープで見ながら形を整えていきます。セラミックが入る時にはセメントの取り残しがないように確認するためにも使用します。

歯科用CT ピエゾサージェリー

歯科用CT

お口まわりの詳細情報を把握するのに欠かせない機器です。歯根や顎の骨、神経や血管の走行などを立体画像で得られるので、精密な診査・診断につなげられます。

ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリー

インプラント埋入時に、顎の骨を削る量を抑えることができる装置で、3次元超音波振動を利用する回転式の骨切削器具です。患者さんの負担軽減につながります。

光機能化処理装置
「セラビーム アフィニー」
体成分分析装置「ITO-InBody」

光機能化処理装置「セラビーム アフィニー」

特定の光線をインプラントの表面に照射して顎の骨との結合をしやすくする処置を施します。従来よりも早い結合が可能なので、手術の成功率が高まります。

体成分分析装置「ITO-InBody」

体成分分析装置「ITO-InBody」

身体の4大構成成分や骨格筋、脂肪、筋肉のバランスなどを部位別に測定する装置です。健康状態の把握が可能です。

セレック オムニカム AGF・CGF

セレック オムニカム

治療したその日に精巧なセラミック修復物の装着が可能なシステムです。3D光学撮影システムで撮影した口腔内画像データをもとにコンピュータ上で設計すると、ミリングマシーンが自動的にセラミックブロックを削り出します。高精度なセラミック修復物がスピーディに、そして比較的安価に手に入ります。

AGF・CGF

AGF・CGF

上皮の再生を促す多血小板血漿を生成する器具です。インプラント治療期間の短縮につながります。

DACユニバーサル Er:YAGレーザー

DACユニバーサル

歯科用ハンドピース(歯の切削器具)専用の洗浄・滅菌器です。一回に6本の歯科用ハンドピースを短時間で洗浄し、付着しているウイルスや細菌などを滅菌できます。院内感染の予防対策の一環です。

Er:YAGレーザー

Er:YAGレーザー

痛みがほとんどないうえ、早い治癒が期待できるレーザー治療器の一種です。歯肉にやさしく、当院では歯周病治療で使用しております。Er:YAGレーザーは瞬間滅菌効果もあり、歯周病に対して一定の予防効果が期待できます。

ick Up

新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症対策

当院では日ごろから衛生管理を徹底し、患者さんに安心して診療を受けていただけるようにさまざまな対策を講じています。さらに、新型コロナウイルス感染症の拡散防止のために、一層の工夫を加えています。

【日ごろから行っている感染防止対策】

  • 患者さんがご利用のエプロンやコップを患者さんごとに使い捨てにする
  • スタッフの手洗いと手指消毒を頻繁に行う
  • 粉塵飛散防止のための口腔外バキュームの使用
  • スタッフのマスク・ゴーグル・グローブの着用

【新型コロナウイルス感染防止対策】

  • 消毒液による清拭
    診療室の診療台や操作パネル 、そして院内のドアノブや手すりなどを消毒液で清拭します
  • 空気清浄
    空気清浄機を稼働して、エアロゾルの院内への拡散を抑えています。また頻繁に窓開け換気も行います。

【新型コロナウイルス感染予防のための患者さんへのお願い】

  • ご来院時に受付にて非接触型体温計にての検温を行います。
    37.5度以上の発熱が確認される、咳がとまらないなどの症状がある方は診療を後日に延期していただくことがあります。
  • 手指用アルコール消毒もお願いします。
  • ご来院時や受付時、そして待合室でお過ごしの際もマスクの着用をお願いします。また会話はできるだけお控えください。
  • ご来院前にも発熱などの症状がある方は、ご一報ください。熱が下がった段階でご予約の取り直しをお願いします。

トップに戻る