WEB 診療予約

implant

  • ホーム  >  
  • インプラント治療

implant

歯を失ったときの治療には入れ歯治療、ブリッジ治療、そしてインプラント治療があります。どの治療法にもメリット・デメリットがありますので、患者さんがご自分に合う治療法を選択することが大切です。

兵庫県三田市の歯医者「井殿歯科医院」では、患者さんのご質問に丁寧にわかりやすくお答えします。インプラント治療にも対応していますのでお気軽にご相談ください。

インプラント治療
~咬める喜びをふたたび~

h4テキスト

インプラント治療とは、失った歯の機能回復のために、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んで、その上に被せ物を装着したり、特殊な入れ歯を使ったりする方法です。チタン製のインプラントが顎の骨としっかり結合すると、自分の歯に近い感覚で咬むことができます。

当院ではこれまでに2,500件以上のインプラント治療に携わってきました。その豊富な経験と実績をいかしながら、日々進化するインプラント治療技術(日本口腔インプラント学会 インプラント治療指針・SAFE等)や方法、設備などを積極的に取り入れています。放射線量が少なめの歯科用CTを導入し、精密治療につなげています。

インプラント治療のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 自分の歯に近い感覚で硬い物でもしっかり咬める
  • 見た目が自然
  • 違和感がほとんどない
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
デメリット
  • 治療費が全額負担なので比較的高額
  • 治療期間が比較的長め
  • 外科手術が必要
  • 全身疾患がある場合などにより受けられないケースがある(詳しくはお問合せ下さい)
当院のインプラント治療の特徴
患者さんに合わせたインプラントシステムの選択
患者さんに合わせたインプラントシステムの選択

患者さんとのカウンセリングを丁寧に行い、お口の状態やご要望に合うインプラントシステムを選択します。インプラントの長さや太さの使い分けをします。

【採用しているインプラントシステム】

  • ストローマン
  • ノーベルバイオケア
  • バイオメット3i
  • バイオホライゾン
  • レガシー1,2,3
  • TRI
歯科用CTの活用による精度の高い診査・診断
歯科用CTの活用による精度の高い診査・診断 インプラント治療の成功を左右するのは、お口まわりの詳細なデータにもとづく精密な診断です。そのために当院では歯科用CTを導入し、顎の骨の状態や神経・血管の走行などを把握したうえで、診断し、治療部位や方法の計画を立てます。
ガイデッドサージェリー
(サージカルガイド)の活用
ガイデッドサージェリー(サージカルガイド)の活用 当院では歯科用CTで得たデータをもとに、コンピュータでのシミュレーションによりインプラントの埋入位置を決めます。そしてその計画にそって、その位置にインプラントを埋入するためのガイドを作製し、装着しながら手術します。手術時間の短縮や手術の成功率を高めます。

ick Up

強固な結合で成功率を高めます

~光機能化インプラント~

近年、インプラント治療を受ける方が増えていますが、術後のトラブルが発生することがあります。それは歯科医師の技術不足が原因の可能性がありますが、ほかにもインプラントの素材の「チタン」が経時的に変化する「チタンエイジング」が挙げられるとわかってきました。

そのリスクを抑えるのが「光機能化インプラント」です。紫外線領域内の特定の波長をもつ複数の光線をインプラントの表面に一定時間照射して、骨との結合面を「撥水性」から「親水性」に変化させて結合力を高めます。

特殊なインプラントシステムにも対応します
抜歯即時インプラント

抜歯と同時にインプラントを埋入する方法です。顎の骨などのお口の状態によっては、この方法が可能です。通常のインプラント治療よりも短期間で治療できます。

抜歯即時インプラント
ALL ON 4・ALL ON 6

片顎につき4本または6本のインプラントを埋入し、それを固定源にした入れ歯を使って歯の機能回復をはかる方法です。インプラントの本数を抑えられるので、身体への負担も治療費用も低く抑えられます。
※基本的に6本埋入します。

ALL ON 4・ALL ON 6
ショートインプラント

通常よりも短い8mm以下のインプラントを使用する方法です。顎の骨の厚みや高さが少ないときの選択肢が広がります。7mm以下は、1本だけは行いません。

ショートインプラント
フラップレス手術

歯ぐきを切開せずに、小さな穴をあけてインプラントを埋入する方法です。身体への負担が少なく、手術時間も治療期間も通常のインプラント埋入よりも短めです。
※骨の歯肉によって変わります。

フラップレス手術
顎の骨が少ない方にも対応します

インプラント治療の際には顎の骨に人工歯根を埋め込むので十分な顎の骨の厚みや高さ、幅や密度が必要です。これまでは顎の骨が足りないとインプラント治療ができなかったですが、顎の骨の再生療法によって治療が可能な場合があります。再生療法は4種類です。顎の骨の状態に合わせてインプラントを埋入する前、または埋入と並行して行います。

【GBR】
  • 【GBR】
  • 【GBR】
  • 【GBR】

顎の骨が足りない部分を「メンブレン」という特殊な膜で覆い、スペースを確保して人工骨を注入し骨の再生を待ちます。
※最も腫れやすいです。

【ソケットリフト】
  • 【ソケットリフト】
  • 【ソケットリフト】
  • 【ソケットリフト】

上の顎の厚みが5mm以上あるもののインプラント治療には足りないときに、抜歯した穴や、インプラントを埋め込む穴から骨補填材を注入して再生をはかります。サイナスリフトよりも傷口が小さめなので腫れや痛みが少なく処置時間も短めです。

【サイナスリフト】
  • 【サイナスリフト】
  • 【サイナスリフト】
  • 【サイナスリフト】

上の顎の奥の骨の厚みが足りないときに、歯ぐきの横から穴をあけ、上顎にある空洞「上顎洞」の膜を押し上げて骨補填材などを注入して顎の骨の再生をはかります。骨の厚みが5mmより少ないときや足りない部分が広い場合の処置です。

【スプリットクレスト】
  • 【スプリットクレスト】
  • 【スプリットクレスト】
  • 【スプリットクレスト】
  • 【スプリットクレスト】

くさびの形の溝を顎の骨に作り、幅を少しずつ広げることで必要な幅を形成します。さらにインプラント埋入後にも骨造成材を入れ、骨の再生を促します。

【AGF・CGF】【AGF・CGF】 血液の中に含まれる血小板には細胞を増殖させ治癒を促すはたらきがあります。「多血小板血漿」のことで、患者さんからの採血を使い、分離してそれを治療部位に注入して組織の再生を促します(当院では規定期間待機します)
術後のケアが大切です

術後のケアが大切です

インプラントを顎の骨としっかり結合させるためには、術後の注意が必要です。術後の2~3日はインプラントに力を加えないためにおかゆなどのやわらかい物を食べてください。インプラントを埋め込んだ治療部位では咬まないようにしましょう。また抜糸をするまでは治療部位のブラッシングはしないでください。

インプラントが顎の骨と結合し安定したら、天然歯と同じようなケアが必要です。歯ぐき付近に汚れを残してしまうと、歯周病に似た「インプラント周囲炎」にかかる可能性があります。悪化させるとインプラントが使えなくなってしまうので気をつけましょう。毎日のケアとともに、歯科医院での定期検診(インプラントの状態にもよりますが、毎月~6カ月に1度)を受けて、異常がないかのチェックを受けてください。専門的なメンテナンスがインプラント部位だけでなく、お口全体の健康を保ちます。

トップに戻る