歯周病・予防歯科

  • HOME
  • 歯周病・予防歯科

大切な歯を長く健康に保ちたい

大切な歯を長く健康に保ちたい

30歳以上の日本人の8割以上が歯周病やその予備軍とされています。歯周病は歯に付着したプラーク(歯垢)内に潜む歯周病菌により引き起こされます。歯茎や顎の骨などに炎症がおこり、やがては歯が抜け落ちてしまうなど、歯周病は大切な歯の寿命を縮めてしまう病気です。

しかし、歯周病は適切な方法をとれば予防が可能な病気です。三田市の歯医者「井殿歯科医院」の歯周病治療と予防歯科についてご紹介します。

歯周病治療

「歯ぐきが赤く腫れている」「ブラッシング時に血が出る」「歯ぐきがかゆい」
などの症状があらわれている場合、歯周病の可能性があります。

歯周病とは、プラーク(歯垢)に潜む歯周病菌が毒素を出して歯ぐきに炎症を起こし、徐々に顎の骨などの歯周組織を破壊していく病気です。日本人の成人が歯を失う原因の第一位といわれています。初期は自覚症状に乏しく、進行するに従って徐々に歯を支える顎の骨が溶け、放っておくと最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病を放置する危険性

歯周病を放置すると大切な歯を失うだけでなく、次のような全身疾患のリスクを高めることがわかっています。全身の健康を守るためにも、歯周病治療をきちんと受けましょう。

糖尿病 肥満 心臓疾患
歯周病にかかっていると糖尿病になりやすく、逆に糖尿病にかかっていると歯周病を進行させやすいといわれています。 歯周病によって起きる炎症は、肥満を招く一つの原因だといわれています。逆に肥満の方は、歯周病による炎症を悪化させやすくなります。 歯周病菌が口腔内から血管に入り込むと血栓をつくり、狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患の原因になるといわれています。
脳卒中 早産・低体重児出産 誤嚥性肺炎
歯周病によってできた血栓は、脳の血管にまで影響し、脳卒中を招くことがあります。 歯周病は妊婦さんの子宮の筋肉に影響を与え、陣痛に似た筋肉収縮を招いて早産・低体重児出産を招くことがあります。 誤嚥(ごえん:誤って飲み込むこと)によって歯周病菌が肺に取り込まれると、肺炎を引き起こすことがあります。
歯周病の進行段階
歯周病の進行段階 歯周病の進行段階 歯周病の進行段階
歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。 顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、歯が浮くような感じがしたり、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。また、歯を指で押すとグラつくことがあります。 顎の骨の半分以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。
歯周病検査
歯周ポケット検査 歯の揺度検査 レントゲン検査
歯周ポケット検査 歯の揺度検査 レントゲン検査
「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。
歯周病の治療法

※表は左右にスクロールして確認することができます。

歯周ポケット掻爬
(そうは)術
フラップ手術 プラスティックサージェリー 再生療法
歯周ポケット掻爬(そうは)術 フラップ手術 プラスティックサージェリー 再生療法
中度~重度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内のプラークや歯石、膿、感染した組織を除去します。 中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。 歯周形成外科手術のことです。歯周病により痩せこけてしまった歯ぐきの形態や色調を自然に美しくよみがえらせます。 溶かされた顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる治療法です。特殊な膜や薬剤を用いて歯肉の侵入を防ぎながら骨や歯根膜などの歯周組織の再生を促します。

予防歯科

予防歯科

従来、歯医者は「歯が痛くなってから行くところ」でした。たしかに、虫歯や歯周病は治療できますが、治療の際に少なからず歯はダメージを受けてしまいます。治療を繰り返すことでそのダメージが蓄積し、最悪の場合は歯の寿命を縮めてしまうこともあるのです。

それらを回避するため、現在では、歯医者は「病気を予防するために行くところ」という認識に変わりつつあります。予防歯科に定期的に通うことで、歯の寿命を縮めることなく、生涯にわたって自分の歯で過ごすことができるようになるのです。

当院では、治療室とは別に予防室を完備し、担当衛生士制を採用。患者さん一人ひとりに専任の歯科衛生士が付くことで、 些細なお口の変化に対応でき、虫歯や歯周病などの兆候を把握することができます。もちろん、お口の状況にあった適切なケア方法のアドバイスも可能です。ご自宅でのケアにプラスして予防歯科に積極的に通い、お口の健康を守りましょう。

予防歯科のメリット
  • 病気を予防できる

    虫歯や歯周病などの感染症を予防でき、お口の健康を保つことができます。

  • 負担が軽くなる

    万が一虫歯や歯周病になっていても早期発見・治療につながるため、大がかりな治療を必要とせず、治療期間や治療費の負担を軽減できます。

  • お口がすっきりする

    プロによる予防処置を受けることで、普段のセルフケアでは味わえないお口の爽快感が得られます。また、口臭の予防にもなります。さらに、軽度な着色汚れも除去できます。

予防歯科メニュー

予防歯科では、定期検診を実施しています。定期検診では、病気の有無をチェックしたうえで虫歯や歯周病を寄せ付けない口腔内環境づくりを行っています。

虫歯や歯周病は再発しやすい病気です。お口の良好な状態を維持するために、治療後も積極的に定期検診に通いましょう。専任の歯科衛生士が、予防室にて患者さん一人ひとりに合った通院時期、予防処置をご提案します。

ブラッシング指導 PMTC フッ素塗布
ブラッシング指導 PMTC フッ素塗布
予防の基本はブラッシングです。染め出しの結果をふまえ、口腔内をチェックしたうえで、適切な歯ブラシの選び方やブラッシング方法を指導します。 専用器具を用いた歯のクリーニングです。普段のブラシングでは除去しきれない汚れを徹底的に除去でき、虫歯や歯周病の予防に効果的です。口臭の予防にもつながります。 歯質を強化するフッ素を歯に塗布し、虫歯菌が出す酸に強い歯にします。また、歯の再石灰化を促すはたらきもあるため、ごく初期の虫歯なら治癒が期待できます。
染め出し 口腔内写真
染め出し 口腔内写真
歯にこびり付いたプラークを赤く染め出す処置です。みがき残しの多い箇所がわかることでブラッシングのクセを把握でき、ブラッシング指導に活かすことができます。 撮影した口腔内写真をもとに異常の有無を確認します。角度によっては目では見えづらい箇所も確認できるため、高い確率で異常を検知できます。
シュミテクトPROエナメル(R)で、ご自宅でのデイリーエナメルケアを

シュミテクトPROエナメル(R)で、ご自宅でのデイリーエナメルケアを

当院では毎日のお口のケアに、「シュミテクトPROエナメル(R)」をおすすめしています。歯のしみや虫歯の発生・進行の予防に加え、歯を白くし本来の色をキープすることが可能です。また、当院の歯科衛生士のアドバイスによる正しいブラッシング方法で用いれば、効果はより一層高まります。

毎日使うことで歯のエナメル質を強化しながら、お口の中を常にさわやかさを維持する「シュミテクトPROエナメル(R)」で、楽しく予防を続けましょう。

「ITO-InBody」でさらなる健康へアプローチ

「ITO-InBody」でさらなる健康へアプローチ

当院ではお口の病気予防に留まらず、全身疾患の予防も視野に入れた診療を行っています。お口は全身の健康の入り口であり、中でも歯周病はさまざまな全身疾患とも深く関わっていることが問題視されています。まずは口腔内を健康に保つことが、全身の健康維持にもつながるのです。

そこで当院では「ITO-InBody」を導入。身体の4大構成成分を初め、骨格筋や脂肪、また筋肉バランスなどを部位別に測定し、健康状態を確認することにより、今後の歯周病予防につなげていきます。定期検診にきちんとお越しいただいている方には、年1回無料にて測定させていただいていますので、自分の身体と向き合う機会にしてみてはいかがでしょう。