インプラント

  • HOME
  • インプラント

インプラント治療は専門医のいる当院で

インプラント治療は専門医のいる当院で

失った歯の機能を回復させる治療法として、近年注目されているのがインプラント治療です。顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込むため、入れ歯と違ってずれたり外れたりすることがなく、しっかりと咬める上に、見た目も美しいことが人気の理由です。

インプラント治療は専門医のいる当院で

三田市の歯医者「井殿歯科医院」の院長は、日本口腔インプラント学会の専門医(必要であればhttp://www.idc-implant.com/)であり、高度なインプラント手術を安全・確実にご提供することができます。インプラント治療については安心して当院におまかせください。

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、上部に人工歯を装着する治療です。インプラントの素材には生体親和性の高いチタンが使われており、埋め込んだ部分の骨としっかり結合する構造になっているため、失った歯が戻ってきたかのような咬み心地と自然な見た目を取り戻せます。

インプラント治療とは

当院ではこれまでに2,000件以上のインプラント治療に携わった豊富な実績があります。放射線量の少ない歯科用CTや、患部を拡大して精密治療を行えるマクロスコープなど、最新の設備を導入しています。

また、当院のスタッフはインプラント治療に関連する歯周病咬み合わせなどについても積極的に勉強し、歯科治療全体をカバーできる体制を整えていま

インプラントのメリット・デメリット
メリット デメリット
見た目が自然で美しい
違和感がない
硬いものでもしっかり咬める
周囲の歯を傷付けたり、負担をかけたりしない
金属アレルギーの心配がほとんどない
治療費が高い
外科手術が必要になる
全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
当院の治療の特徴
患者さんに合わせた
インプラントシステムを選択
歯科用CTで精度の高い診査・診断 ガイデッドサージェリー
(サージカルガイド)
患者さんに合わせたインプラントシステムを選択 歯科用CTで精度の高い診査・診断 ガイデッドサージェリー(サージカルガイド)

当院では、世界でもトップシェアを誇るインプラントメーカーをはじめ、さまざまなメーカーのインプラントシステムを採用しています。

【採用メーカー】
・ストローマン  
・ノーベルバイオケア
・バイオメット3i
・バイオホライゾン

カウンセリングでじっくり話し合い、患者さんのご希望やお口の状態を確認した上で、インプラントの専門医が必要な長さや太さに合ったインプラントシステムを使い分けています。

インプラント治療では外科手術をともなうため、事前に精度の高い診査・診断が欠かせません。

当院では、顎の骨の状態を詳細に把握できる歯科用CTを院内に導入。精度の高い診査・診断を可能にし、安全・確実なインプラント治療へと導きます。

ガイデッドサージェリー(サージカルガイド)とは、コンピュータでのシミュレーションにより決定したインプラントの埋入位置を正確にガイドするための機器です。

手術の成功率を高め、安心な手術を可能にします。

~強固な結合で高い手術成功率を誇る「光機能化インプラント」~

近年シェアを広げているインプラント治療ですが、使用するインプラントや歯科医師の技術などにより、術後のトラブルが発生することがあります。近年その原因の一つとして、「チタンエイジング」という、インプラントの素材であるチタンの継時的な変化があることがわかってきました。

そこで当院ではいかにインプラントと顎の骨を強固に結合させられるかを追求し、「光機能化インプラント」を採用しました。光機能化インプラントは、紫外線領域内の特定波長を持つ複数の光線をインプラント表面に一定時間照射し、骨との結合面を撥水性から親水性へと変化させることで結合力を高めるという方法です。

合わせてコンピューター上でシミュレーションし、インプラントの埋入位置を正確にするガイデッドサージェリー(サージカルガイド)や、顎の骨の状態を正確に把握できる歯科用CTを併用することで、インプラント手術失敗のリスクを大幅に下げることが可能になったのです。

特殊なインプラントにも対応しています

※表は左右にスクロールして確認することができます。

抜歯即時インプラント ALL ON 4 ショートインプラント フラップレス
抜歯即時インプラント ALL ON 4 ショートインプラント フラップレス
抜歯と同時にインプラントの埋入を行う方法です。本来必要だった抜歯からインプラント埋入までの期間を必要としないため、治療期間が大幅に短縮できます。また、「歯がない期間」がありません。 片顎につき4本のミニインプラントを埋入し、それを固定源として入れ歯を固定する方法です。失った歯すべての本数のインプラントを埋入する必要がないため、身体への負担を軽減できます。また、通常よりサイズの小さいインプラントを使用するため、顎の骨が少ない場合にも適用できます。 8mm以下と、通常より短いインプラントを使用する方法です。顎の骨が少ない場合にも適用できます。 歯ぐきを切開せず、小さな穴をあけることでインプラントを埋入する方法です。切開が必要ないことから、身体への負担が軽減され、また治療時間の短縮も実現します。
顎の骨が少ない方には再生療法を

インプラント治療を行うにあたっては、インプラントを埋入するための十分な顎の骨の厚みや高さが必要になります。そのため、これまでは顎の骨が足りない方はインプラント治療ができませんでした。しかし、現在では顎の骨の厚みや高さを再生させる療法により治療が可能となっています。当院では再生療法として、以下の4つの療法を採用しています。

サイナスリフト サイナスリフト 上顎にある空洞「上顎洞」の横にある歯ぐきをめくり上げ、上顎洞底部を持ち上げた空間に骨補填剤を注入して顎の骨を再生させる方法です。
ソケットリフト ソケットリフト インプラントを埋入する部分から専用器具で上顎洞底部を押し上げ、骨補填剤を注入して顎の骨を再生させる方法です。切開しないため、傷口が小さく済み、術後の腫れや痛みはほとんどありません。
GBR GBR 顎の骨が不足している部分を「メンブレン」という特殊な人工膜で覆い、余計な歯肉の侵入を防ぎながらスペースを確保して顎の骨の再生を促す方法です。
PRP PRP PRPとは、細胞を増殖させ治癒を促進するはたらきのある「多血小板血漿」のことです。再生療法に用いることで、骨再生の期間を短縮できます。
術後のケアが重要です

インプラント埋入手術の後には、インプラントを顎の骨にしっかり結合させるために、余計な力をかけないようにすることが大切です。術後2~3日の食事は、おかゆなどのやわらかい物を選び、インプラントを埋め込んだ部分では咬まないようにしましょう。また治療痕は抜糸するまでブラッシングもしないようにしてください。

インプラントが安定したら、その後は天然歯と同じように毎日のケアが必要になります。それに加えて定期検診にお越しいただき、異常がないかのチェックや専門的なメインテナンスを受けるようにしましょう。これらのことがきちんと継続できていれば、インプラントを長持ちさせることができます。

インプラント症例

(従来のページを参照)