一般歯科・根管治療・口腔外科

  • HOME
  • 一般歯科・根管治療・口腔外科

歯の痛み・お口まわりのケガなど何でもご相談ください

歯の痛み・お口まわりのケガなど何でもご相談ください

「歯が痛い」「冷たいものがしみる」「親知らずが痛む」「歯茎から血が出る」「口元をケガしてしまった」……。お口まわりのトラブルは人それぞれ。三田市の歯医者「井殿歯科医院」では、口腔内に関するさまざまなお悩みに対し、最適な歯科治療を行っています。こちらでは、当院の一般歯科、根管治療、口腔外科についてご紹介します。

一般歯科

痛みを抑えた治療を行います

虫歯治療には独特の痛みが伴います。当院では治療の際に生じる痛みをできるかぎり抑え、患者様の治療に対する苦手意識を取り除けるよう、麻酔時に次のような工夫を行っています。

  • 麻酔注射の針が刺さるときの痛みを減らす、塗る麻酔「表面麻酔」を行う
  • 極細の注射針を使用する
  • 麻酔薬を体温に近い温度で温めておく
  • 麻酔薬の注入速度を一定に保つ電動麻酔器を使用する など
虫歯の進行段階と治療方法
虫歯の進行段階と治療方法 虫歯の進行段階と治療方法 虫歯の進行段階と治療方法
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。
適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(レジン)で補います。
虫歯の進行段階と治療方法 虫歯の進行段階と治療方法
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、神経が腐り根管の先に強力な痛みが出ます。 歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。
神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

根管治療

虫歯が神経まで進行した場合、神経が死んでしまい、通常は抜歯しなければなりません。しかし、根管治療を行うことで、抜歯を回避できます。

根管治療では、歯の根の中にある「根管」から神経などを取り除き、洗浄・消毒し、最後に薬剤を詰めてフタを被せます。根管は複雑なトンネル状の管で、肉眼では見えない箇所。そのため、医師の高い技術力と豊富な経験が求められます。当院では、治療の精度を高めるため、経験豊富な医師が高性能な医療機器を用いて治療にあたっています。安全・確実な治療が可能ですので安心してお任せください。

治療の流れ

※表は左右にスクロールして確認することができます。

歯の神経を除去し、根管の長さを測ります 根管内を洗浄します 根管内を消毒します 根管充填材などの薬剤を詰めます 被せ物でフタをします
歯の神経を除去し、根管の長さを測ります 根管内を洗浄します 根管内を消毒します 根管充填材などの薬剤を詰めます 被せ物でフタをします
当院の根管治療の特徴

※表は左右にスクロールして確認することができます。

CT マイクロスコープ ラバーダム NiTiファイル
CT マイクロスコープ ラバーダム NiTiファイル
治りにくい治療に用いられ、顎の骨など肉眼では見えない部分の立体的な画像を撮影できる機器です。診断の精度を高めます。 肉眼では確認できない患部を拡大して見ることができます。精密な治療が可能になります。 根管への雑菌の侵入を防ぐゴムのシートのようなものです。細かい器具の誤嚥も防止できます。 根管を形成・拡大する器具です。弾力があるため、湾曲した根管の治療にも迅速に対応できます。

口腔外科

口腔外科

口腔外科とは、親知らずの抜歯やお口まわりのケガ、できもの、顎関節症、歯牙移植といった口元のさまざまな治療を行う診療科です。歯やお口に起こる問題は虫歯や歯周病だけではありません。お口の機能や審美性をトータル的に回復させるために必要となる治療を、外科手術を含めて口腔外科が行っています。

患者様一人ひとりに合わせた治療法をご提案しますので、まずは一度当院までお口の状態を見せにお越しください。

早期受診が大切な外傷治療~さまざまなケガ~

早期受診が大切な外傷治療~さまざまなケガ~

転倒したり、スポーツをしていてぶつかったりすると、口元をケガしてしまうことがあります。たとえば「お口の中が切れた」「歯にヒビが入った、折れた」「歯がグラグラする」などの場合には、早急な対処が必要です。

もし歯が抜けてしまったとしても、あわてないでください。抜けた歯を生理食塩水または牛乳に浸け、できるだけ早くご来院ください。歯を元の位置に戻せるかもしれません。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずとは、奥歯のまた奥に生えてくる歯です(生えてこない場 合もあります)。斜めに生えてきたり、一部だけ生えてあとは歯ぐきに埋まったままだったりと、正常に生えてくることはほとんどありません。

また、歯ブラシが届きにくいため虫歯や歯周病を招きやすかったり、隣の歯を押して歯列を乱したりと、CTで撮影後、確認してから抜歯が必要になります。

当院では、親知らずの抜歯の際には表面麻酔や局所麻酔などを行っているため痛みは特にありません。親知らずにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

なお、正常に生えている場合は当然ながら抜く必要はなく、歯牙移植などの際に用いることができます。

歯牙移植とは

歯牙移植とは、歯が抜けてしまったところに親知らずを移植して失った歯の機能を取り戻す方法です。親知らずを抜歯したその日のうちに移植します。ご本人の歯を移植するため拒絶反応の心配もありません。